ピコトーニング
肝斑を消したい方におすすめ

取扱院

心斎橋院
京橋院
天神院

ピコトーニングとは

こんな方におすすめ!

  • 肝斑を消したい
  • コンシーラーで肝斑を隠すのが手間
  • シミ取りをしたけど効果が不満
  • 顔全体のくすみが気になる
  • ダウンタイムが取れない

肝斑にはピコトーニング

ピコトーニングは、優しいレーザー照射で徐々に肝斑やくすみを改善するレーザー治療です。

肝斑は、普通のシミ用レーザーでは刺激が強すぎ、かえって悪化するケースの多いシミです。
そのため、ピコトーニングでは肝斑に効果がある範囲で刺激を弱めたレーザーを照射します。
肝斑は1回のレーザー照射では改善しきれない場合が多く、6回前後の回数が必要な場合がほとんどですが、改善可能なシミです

ピコレーザーとは

ピコ秒

ピコレーザーとは、今までのレーザー治療の歴史を覆す革新的なテクノロジー。「ピコ秒(1秒の1兆分の1、0.000000000001)」単位の短さでレーザー光線を照射する技術によって、美容レーザー治療に新たな可能性をもたらしました。
他のレーザー治療に比べて圧倒的に短いダウンタイム、多彩な効果、同時に複数の波長のレーザー治療が可能、しみ・くすみの除去への高い適応、小じわ改善・若返り効果など、謳えばきりがありません。
日本ではまだ新しい治療法ですが、いずれは美容医療業界を席巻すると言われています。当院では、厚生労働省承認医療機器であるエンライトンを導入しました。

しみを消すしくみ

極めて短い時間でレーザーを照射

過去のレーザー機器は、照射する時間が「ナノ秒(1秒の10億分の1/0.000000001)」単位の機器がほとんどでしたが、ピコレーザーは照射時間が「ピコ秒(1秒の1兆分の1/0.000000000001)」単位。
照射時間が極限まで短くなり、レーザーによる皮膚への熱作用が非常に少なくなっています。
ナノ秒照射では光から余分な熱が発生していましたが、ピコ秒照射ではほぼ衝撃波で色素を破壊できる為、肌へのダメージが最小限に抑えられるようになりました。

ピコ秒

メラニンを極小サイズに砕き、代謝で排出

ピコ秒

メラニンを破壊する過程が、熱ではなく衝撃波となった結果、より細かくメラニンを粉砕できるようになりました。
これは、メラニンを岩に例えると、従来のレーザーでは石くらいの大きさに壊していましたが、ピコレーザーでは砂程度の大きさまで砕ける事になります。
老廃物を代謝させるマクロファージ細胞は、小石の大きさでは食べ残しがありましたが、砂まで砕いたメラニン色素はきれいに食べ尽くして排出してくれます。今までに無い美白効果は、こうしてもたらされます。

ダウンタイムは最小限

ピコ秒

ピコレーザーでは肌への負担が最小限に抑えられているため、しみ治療(ピコトーニング・ピコトーニング)と同時にフラクショナル照射が可能になりました。
従来のフラクショナルレーザーは肌表面に微細な穴を空けるため、かさぶた等で1週間程度のダウンタイムがありました。
ピコレーザーでのフラクショナル照射は、肌表面ではなく肌の内側に空泡をつくるため、肌表面にかさぶたが出来ることはなく、赤みが出る程度に抑えて治療することが可能です。

肌表面だけでなく真皮層にも働きかける

ピコレーザーを照射した後は、肌表面だけでなく真皮層にもその影響が及び、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。
結果、肌のハリや弾力の向上やにきび跡、傷跡、肉割れなどの改善が期待でき、肌質そのものが改善されていきます。
※図の灰色部分はエラスチン(肌の弾力を増す成分)の増加を示しています。

ピコ秒

ピコトーニングのリスクと注意点

治療回数

肝斑には強いレーザーを照射できないので、複数回の治療(6回前後)となります。

痛み

肝斑を刺激しすぎない強さで照射するので、痛みはほとんどありません。

日焼けにご注意

過度な日焼けは皮膚が火傷をしているような状態で、メラニン色素に反応したレーザーが熱を放ち怪我に繋がる場合があり、施術ができません。
施術後も同様に炎症を悪化させる可能性があり、日焼けを避けていただく必要があります。

ダウンタイム

数時間~24時間、赤みが出る場合があります。照射直後は肌が敏感になりますので、刺激を与えないようにしてください。

乾燥対策

レーザー照射後は肌が乾燥しやすくなっています。1日に最低2回はクリームなどの保湿力の高い化粧品で保護してください。乾燥したままの肌は刺激にとても弱く、赤みを引き起こして色素沈着してしまう可能性があります。

メイクにご注意

施術直後よりメイクアップ可能ですが、肌を強くこすったり強い摩擦があると、色素沈着を起こしてしまいます。せっかく取ったシミがくすみになってしまいますのでお避け下さい。

その他の施術不能

照射部位の怪我、アトピー性皮膚炎、光感受性が強い(光アレルギー)、トレチノインを服用や外用している方はピコトーニングをお受けいただけません。
傷やアトピーの治療を先に済ませる必要があります。トレチノイン治療は、長い場合は半年の期間を空ける必要があります。必ず診察時にご相談ください。

エンライトン
-enLIGHTen-

ピコ秒

ピコレーザーマシン enLIGHTen (エンライトン)は、米国のキュテラ社が開発したピコレーザー医療機器です。厚生労働省認可医療機器であり、世界の安全基準と言われるアメリカのFDA(米国食品医薬品局・日本における厚生労働省)の認可も取得済。その安全性の確かさが証明された医療機器です。
これまでのレーザーでは除去しきれなかったシミ、小じわ、肝斑、そばかす、にきび跡等を治療する医療用レーザー機器として、優れた効果が期待できます。

ホームケア

肝斑は治療期間中のご自宅でのアフターケアを推奨しています。 肝斑治療の最大限の効果を出すためにとても重要です。

美白服薬セット 1ヵ月分 3,234円~

【心斎橋/京橋のみ取扱】
シナール(ビタミンC) ユベラ(ビタミンE) トランサミン(トラネキサム酸)の三種類で体の内側からしみ・色素沈着・肝斑の発生を防ぐ服薬セットです。

価格

心斎橋院 》

天神院 》

ピコレーザー ハイフ ウルトラセルQ+ ダーマペン4診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP