リベルサス

取扱院
  • 心斎橋院
  • 京橋院
  • 天神院
こんな方におすすめです
  • 注射の痛みが苦手な方
  • 食欲を自然に抑えたい方
  • 内臓脂肪が気になる方
  • リバウンドをしたくない方
  • 無理なく減量したい方

料金

リベルサス
  • 心斎橋
  • 京橋
  • 天神
660円〜 12,320円
こんなお悩みにおすすめ
  • ダイエット
  • サプリメント
取扱院
  • 心斎橋
  • 京橋
  • 天神
商品名 容量 価格
リベルサス 1錠(3mg) 660円
7日分 3,080円
14日分 6,160円
28日分 12,320円
商品名 容量 価格
リベルサス 1錠(3mg) 660円
7日分 3,080円
14日分 6,160円
28日分 12,320円
商品名 容量 価格
リベルサス 1錠(3mg) 660円
7日分 3,080円
14日分 6,160円
28日分 12,320円

リベルサス(GLP-1)とは

リベルサス

Ⅱ型糖尿病治療薬として承認されている医薬品
インスリン分泌を促して血糖値を下げる効果があり、糖尿病の治療薬として使われている「GLP-1(ジーエルピーワン)受容体作動薬」。
GLP-1は、もともと私たちの身体の中にあり、食事を取り血糖値が上がると小腸から分泌される生理的なホルモンで、その一部は血液の中を流れ、すい臓へと運ばれたGLP-1は、インスリンを分泌するように働きかけ、すい臓からインスリンが分泌されると血糖値が下がり、食欲が抑制されます。そのため GLP-1は「痩せるホルモン」とも呼ばれています。
しかし、GLP-1の分泌量には個人差があり、分泌量が少ない人は太りやすく、分泌量が多い人は痩せやすくなるという体質への影響をもたらすホルモンでもあります。
これまでGLP-1受容体作動薬は注射を使って投与するものがほとんどでしたが、リベルサスは「世界初の口から飲める(経口投与できる)GLP-1受容作動薬」です。リベルサスは、2020年に食事や運動療法で血糖値をコントロールできない2型糖尿病患者のための「2型糖尿病治療薬」として製造販売の承認を受け、2021年2月に国内で販売が始まりました。 そのため、リベルサスは有効性があり、服用リスクが少ない医薬品とも言えます。
1日1回、錠剤を飲むだけ
GLP-1受容体作動薬は、薬剤により有効成分が異なりますが、リベルサスには、減量に有効とされる成分「セマグルチド」が含まれています。
1日1回、リベルサスの錠剤を服用することで血糖値を下げるインスリンの分泌を促進するほか、胃腸の動きを調整し自然に食欲が抑えられることから空腹感も少なくなり、少量の食事で満足ができ、満腹感も持続することから間食も抑えられます。
さらに内臓脂肪の燃焼を促す効果も期待できることから基礎代謝量が増え、痩せやすい身体に導くとも言われています。
そして治療価格も注射と比べると比較的抑えることができ、痛みもなく、激しい運動や厳しい食事制限をすることなく適度な運動と食習慣の見直し、薬を服用することでダイエットの効果が期待できる「利用しやすい」「続けやすい」治療となっています。

よくあるご質問
Q&A

Q1.いつ飲めばいいですか?
A.1日1回、最初の食事または水分を取る前の空腹の状態でコップ半分程度の水(120ml以下)とともに1錠を服用してください。
リベルサスの有効成分は主に胃で吸収されます。そのため、胃の中に食べ物や飲み物などの水分があると、リベルサスの有効成分が吸収されず、効果が低下するため、空腹時に服用することその効果が発揮されます。
服用後は最低30分~2時間程度、時間をあけて、薬剤の有効成分が胃に吸収された後に食事や水分を取るのがより効果的です。
Q2.妊娠中・授乳中は飲んでも大丈夫ですか?
A.妊娠中の方、妊娠している可能性のある方、出産後3ヶ月以内の方、授乳中の方、また、2ヶ月以内に妊娠を予定されている方はリベルサスの服用はできません。
Q3.服用を開始してから、どれぐらいで体重は減少し始めますか?
A.効果が早く現れる方は服用後、約3ヵ月ほどで体重減少や体形の変化などが現れてきます。リベルサスは、長期的な服用を行うことが前提の治療となりますので、服用を途中で止めてしまうと、食欲の抑制やインスリンの分泌を促進する効果がなくなり、食欲が増してリバウンドにつながる可能性があるので注意してください。
ひとりひとりの体質などを考慮し、1日あたりの投与量が変更となる場合もありますので、医師から指示された用法、用量を守って服用するようにしてください。
Q4.リベルサスは保険適用されますか?
A.糖尿病治療薬としては保険の対象ですが、肥満治療の場合は自費診療となるため、ダイエットを目的としたリベルサスの処方は、保険が適用されません。

製品について

成分について

有効成分:セマグルチド(遺伝子組換え)
添加剤:サルカプロザートナトリウム、ポビドン、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム

服用方法

・1日1回、最初の食事または水分を取る前の空腹の状態でコップ半分程度の水(120ml以下)とともに処方された1錠を服用してください。
(リベルサスの有効成分は主に胃で吸収されます。そのため、胃の中に食べ物や飲み物などの水分があると、リベルサスの有効成分が吸収されず、効果が低下するため、空腹時に服用することその効果が発揮されます)
・お茶、コーヒー、服薬ゼリー等での服用は控えてください。
・錠剤を割ったり、砕いたり、噛んだりせずに丸ごと飲み込んでください。
・服用後は最低30分~2時間程度、時間をあけて、薬剤の有効成分が胃に吸収された後に食事や水分を取るのがより効果的です。
・飲み忘れたり、服用前に飲食してしまった場合は、その日は服用せず、翌日の空腹時(1日の最初の飲食の前)に服用するようにしてください。

取り扱いの注意点

・吸湿性が高いため、服用する直前にシートから取り出してお飲みください。
・光が当たらない場所に保管してください。

禁忌(服用できない方)

・糖尿病患者の方
・妊婦、妊娠している可能性のある方
・出産後3ヶ月以内の方、授乳中の方
・2ヶ月以内に妊娠を予定されている方
・利尿剤を使用している方
・精神安定剤を使用中の方
・18歳未満の方や高校生の方

リスク・副作用

胃腸障害(嘔吐、吐き気、便秘、下痢、胸やけ、お腹が張るなど)、低血糖、めまい、味覚異常、消化不良、糖尿病網膜症(視界がかすむ、視力低下、飛蚊症など)
リベルサスは軽い副作用であれば、服用を継続することで副作用が軽くなる場合もございます。そのため、最初は少ない量から服用を試しながら、少しずつ投薬の量を増やしていきます。ただし、リベルサスは血糖値を下げることで、食欲の抑制を図ることから、まれに低血糖の症状が出る可能性があります。特に以下のような方は注意が必要です。
・脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の方
・栄養不良状態、飢餓状態、不規則な食事摂取、食事摂取量の不足又は衰弱状態の方
・激しい筋肉運動をされる方
・アルコールを過度に摂取する方
もし、低血糖の症状(倦怠感、冷汗、震え、空腹感、動悸、頭痛、めまい、吐き気、目のかすみ、視界が暗くなるなどの視覚異常)が現れた場合には服用を中止し、医師に相談の上、適切な処置を受けてください。
また、低血糖の症状を起こす場合も考慮し、高所作業、自動車の運転等を行う方は服用の際には十分に注意してください。