臍帯血幹細胞培養上清液

LINE友だち登録で30%OFFクーポンをゲット!
LINE心斎橋院
LINE京橋院
取扱院
  • 心斎橋院
  • 京橋院

価格表

トーニングとは

シミはもちろん、肝斑治療まで
シミそのものを美しく改善

トーニングは、Q スイッチ Nd:YAG レーザーを使用した新しい治療法です。低い出力で肌にレーザーを当てて余計な刺激を与えないよう、徐々に、蓄積したメラニンを減らしていきます。
一度でシミがなくなるという治療ではなく、回数を重ねることで、肌全体のトーンアップやこれまでのレーザー治療では効果を出せなかった肝斑の改善にも効果を発揮します。

QスイッチNd:YAGレーザーについて

QスイッチYAGレーザーは、一般的にシミの治療に使われる機器です。シミを治療する場合はシミの部分だけに照射してシミをなくします。治療跡は傷になるため、保護テープや塗り薬で1週間ほど保護する必要があります。
対して、トーニングの場合は広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。
当院ではトーニングをする際に、レーザーの波長を肌深部にエネルギーを届かせることができる1064nmに設定し、メラニンの蓄積している層に対してしっかりと効果を出せるようにしています。

  • マイキューデュアル
    (心斎橋院)
  • トライビーム
    (京橋院)
Q-Nd:YAGレーザー 1064nmのとき
  • 適度なメラニンへの吸収を有し、高いエネルギーのまま深部まで到達するので、太田母斑や異所性蒙古斑等の深在性疾患治療に適した波長
  • 黒系インクの刺青除去にも適している。
Q-Nd:YAGレーザー 532nmのとき
  • メラニンの吸収が高く、主に表在性色素斑(シミ・そばかす等)の治療に用いられる波長
  • 赤い色素に吸収されるため、赤系インクの刺青除去にも適している 。

光治療IPLとの比較

レーザートーニング (光治療IPLの場合)
機器の特徴 QスイッチYAGレーザーでの低出力照射 インテンス・パルス・ライトと呼ばれる強い光を当てる
痛み 照射中はパチパチとはじけるような刺激を感じる 1ショットごとに熱感と弾かれたような痛みを感じる
適応 肝斑(かんぱん)、シミ、くすみ、毛穴、肌質改善 シミ【 肝斑(かんぱん)以外】
治療の特徴
  • 肝斑(かんぱん)も治療できる
  • 回数を重ねることでシミが徐々に薄くなる
  • 1~2回目はツルツル感やハリ感を、 4~5回目くらいからシミが薄くなっていくのを実感する
  • 治療時間が短いので、忙しい人でも気軽に受けられる
  • 美肌治療初心者から上級者まで人気がある
  • ダウンタイムなく治療後すぐにメイクOK
  • 肝斑(かんぱん)は治療できないことがある
  • 治療後いったんシミが浮き、濃く見えるが時間経過とともに消える
  • 1~2回目が一番シミに反応し、 3~4回目以降はハリ感や肌質改善を実感する
  • 治療間隔が比較的長いので、自分のスケジュールに合わせやすい
  • 美肌治療初心者から上級者まで人気がある
  • 治療後すぐにメイクOK

ダウンタイムなし

これまでのシミを消すためのレーザー治療は、強いレーザーを部分的に当てることで、シミのメラニンに対して一度で効果を発揮させてきました。何度も通院をする必要がない代わりに、絆創膏などでしばらく治療部位を保護することが必要でした。
一方トーニングは上記でも述べているように「弱いパワーで全体に照射することでシミを徐々に薄くさせる治療」ですので、肌へのダメージはほとんどなく、ダウンタイムはないと言えます。
治療を受ける間隔も1週間空ければ次の照射ができますので、他の治療よりも短く、気軽に、化粧感覚で治療を受けていただけます。
肝斑の治療で内服治療を続けて来た方も、トーニングの併用でより高い改善効果を得られます。

  • 医師としっかりカウンセリング
    肌の状態を診断します。
  • 施術の準備
    クレンジング・洗顔・麻酔クリームの塗布を行います。
  • レーザー照射
    レーザー照射中は、パチパチとはじけるような刺激を感じます。
  • レーザー照射後
    レーザー照射後は、軽い火照りがあります。

ホームケア

肝斑は治療期間中のご自宅でのアフターケアを推奨しています。 肝斑治療の最大限の効果を出すためにとても重要です。

美白服薬セット 4週間分 3,234円~4,435円

【心斎橋/京橋のみ取扱】
シナール(ビタミンC) ユベラ(ビタミンE) トランサミン(トラネキサム酸)の三種類で体の内側からしみ・色素沈着・肝斑の発生を防ぐ服薬セットです。

リスク・副作用

・副作用として、便秘、下痢、食欲不振、吐き気、胸やけ、そう痒感、発疹などがまれに出る場合があります。

注意事項

  • 患部を直射日光にあてないように注意し、日焼け止めを常用して下さい。
  • 当日の食事制限、飲水制限はありません。
  • 当日の入浴はお控え下さい。
  • 翌日より患部を水から保護し、入浴・洗髪可。但し、強くこすらないように注意して下さい。