脂肪溶解注射(メソセラピー)
「注射するだけ」で理想の部分痩せを実現!

取扱院

心斎橋院
京橋院
天神院

脂肪溶解注射(メソセラピー) とは

脂肪溶解注射(メソセラピー) は、脂肪吸引に代わる『よりリスクの少ない』『リバウンドしにくい』『手軽な部分痩せ』の画期的な方法として注目されています。

脂肪溶解注射 メソセラピー デオリポ BNLSneo

  • ☑ ダイエットしても減りづらい
  • ☑ 二の腕、お腹を部分的に痩せたい
  • ☑ 早く痩せたい
  • ☑ 長い休みがとれない
  • ☑ 同僚・友人に知られたくない

などの方に最適な施術です。 気になる部分に直接薬剤を注射し、脂肪を溶かして老廃物とともに体外に排出します。

「DEOLIPO(デオリポ)」
について

世界一安全基準が厳しいと言われるアメリカ食品医薬品局(FDA)認可の「カイベラ」と同じ、「デオキシコール酸」が主成分で安心! BNLS Neoの5000倍の量の「デオキシコール酸」が脂肪細胞の壁を壊し、脂肪を溶かして排出させます。

「L-カルニチン」で脂肪燃焼と分解促進、「アーティチョークエキス」配合で脂肪組織を血液中に誘導し、排泄を促進します。
腫れや痛みを抑える成分配合で、「カイベラ」と同効果でダウンタイムを最小限に抑えます。

「デオリポ」は従来の製剤と比べ、より早く・たくさんの水分を脂肪細胞に吸収させ、脂肪細胞を速やかに壊します
Deolipoは週 1回のペースでの治療が可能(従来は1ヵ月に1回程度)で、より早く痩せたい方におすすめの脂肪溶解注射です。

脂肪溶解注射 デオリポ DEOLIPO 症例写真

脂肪溶解注射 デオリポ DEOLIPO 症例写真

フェイスライン、あご下、背中、肩回り、二の腕、ワキ周り、脇腹、腹部、尻・臀部、太もも、内もも、ひざ周り、ふくらはぎ

  • アメリカ食品医薬品局(FDA)認可の「カイベラ」と同じ、「デオキシコール酸」が十分な濃度で配合の「デオリポ」を使用。他の薬剤のほぼ倍のスピードで脂肪細胞を溶解・排出します。

  • 体質が変わります。脂肪細胞減少で太りにくい、リバウンドしにくい体に。

  • 痩せたい部分を狙い撃ちで、理想のスタイルに近づきます。

  • 切らない・簡単な注射の施術のみで、当日から動きやすく、翌日からシャワーも可能です。

  • セルライトにも高い効果。凸凹を綺麗に均します。翌日からのマッサージが効果的。

「BNLS neo」
について

BNLSは「Brand New Liposculpting Solution」の略で、直訳すると「新しい脂肪溶解溶液」になります。 様々な植物から抽出した主成分で、安心安全な薬剤です。 脂肪を溶かして排出を助け、たるみを引き締めるタイトニング効果もあり、より効果の高い部分痩せを実現します。
効果は2~3日程で実感でき、1週間程で作用してきます。

BNLS neo

主な効果

脂肪溶解・分解作用 ヒバマタ(海藻)抽出物
脂肪代謝促進 チロシン
抗炎症、創傷治癒、肌再生 オキナグサ/カラクサケマン
浮腫の減少作用、抗炎症 セイヨウトチノキ(マロニエ)
血管拡張、血管新生 アデノシン三リン酸
血管保護 クルミ

脂肪溶解注射(メソセラピー) の施術可能部位

6週間に6回注入(1回あたり1バイアル(8cc)

費用:220,000円

リスクの可能性: 腫れ、赤み、筋肉痛のような痛み、浮腫み感、内出血、過敏症(発疹、発熱)など

3ヶ月間に12回注射 (1回あたり8~16cc)

費用:440,000円~660,000円

リスクの可能性: 腫れ、赤み、筋肉痛のような痛み、浮腫み感、内出血、過敏症(発疹、発熱)など

治療の流れ

  • STEP 1 カウンセリング

    患者様ひとりひとりの悩み、拘り、ご希望を、美容医療専門カウンセラーが丁寧にうかがいます。

  • STEP 2 診察・施術

    女性医師と共に注入箇所や本数を慎重に決め、麻酔を塗ってから注射していきます。

  • STEP 3 クーリング

    注入後、患部を冷やします。痺れや腫れ、体調に問題が無ければ、注射直後にお帰りいただけます。

脂肪溶解注射(メソセラピー)
の施術後

  • 施術当日はたくさんの水(常温)をお飲みください。水分を多く摂る事で代謝が高まり、汗や尿が出やすくなります。溶解された脂肪細胞も同時に排出するので水分を多く摂って下さい。

  • シャワーは翌日から出来ます。(サウナや入浴は1~2 週間後に出来ます)

  • 注射後は部位を冷やして下さい。(痛みを冷ます為)

  • 注射の処置後に同じ場所に光・レーザーの機械等の処置を受ける際は原則として2週間あけていただきます。

  • 注射部位に腫れや内出血、筋肉痛のような痛みを伴いますが徐々に消えていきます。

  • 炎症を抑えるためにも水分をしっかり補給しましょう。

  • 当日はマッサージは控え、翌日よりマッサージしてください。

脂肪溶解注射(メソセラピー)
を受けられない方

  • 18歳未満の方や妊婦の方、授乳中の女性

  • 微細血管疾患がある糖尿病患者 / 血流障害 / 甲状腺疾患の方

  • 自己免疫疾患(皮膚硬化症、水疱瘡、狼瘡、皮膚筋炎など)

  • リウマチや深刻な肝疾患(肝硬化 又は癌)

  • 該当する薬品でアレルギーの既往がある場合

  • 皮膚にトラブルのある方(ケロイド他)・心臓疾患のある方

  • 細小血管障害や血管不全のある方

  • 抗がん剤治療を受けている方・治療箇所の周辺の皮膚に湿疹などを起こしている方

脂肪溶解注射(メソセラピー)価格

よくあるご質問

FAQを全部読む

A. どんな薬にも当てはまる事ですが、ごく稀に副作用やアレルギー反応を起こす場合があります。
サクラアズクリニックでは、臨床試験で安全性と有効性が証明された薬剤のみ取り扱っています。

A.ごく稀に、内出血・アレルギー反応(痒み、赤み、じんましん)・注射による感染症を起こす場合もあります。 内出血は2週間ほどで目立たなくなります。アレルギー反応や感染症には、クリニックとして適切な処置を行います。

A.アイスパックでよく冷やしながら注射しますので、痛みは軽いものの個人差もあります。痛みが苦手・嫌いな方には皮膚麻酔も可能ですが、ほとんどの場合は冷却のみで大丈夫です。

A.個人差はありますが、脂肪融解注射だけでウエスト部分なら3~4cmの減少が可能だと言われています。

A.脂肪溶解注射は、部分的に脂肪を減らしてプロポーションを改善する治療です。部分的に脂肪が減っても、脂肪の比重が軽いので体重にはほとんど影響しません。

A.ほぼ全身に注入可能です。詳しく挙げると、フェイスライン、あご下、背中、肩回り、二の腕、ワキ周り、脇腹、腹部、尻・臀部、太もも、内もも、ひざ周り、ふくらはぎです。

A.元々の脂肪量の少ない場合は1回の治療で満足される方もいらっしゃいます。通常は、6回の治療をおすすめしています。

A.脂肪細胞を破壊すると再生作用でヒアルロン酸やエラスチンが増加し、薬剤の引締め効果でたるみにくくなっています。

A.脂肪溶解注射で脂肪細胞の数は減少しますが、暴飲暴食を繰り返しすと脂肪細胞が大きくなり、再び太ってしまう結果になりかねません。適度な運動と食生活を維持してください。

A.セルライトも改善します。

A.注射が直接の原因での腫れ・痛みはほとんどありません。
薬の作用で脂肪を溶かしますので、1時間ほどの痒み、1週間ほどの鈍痛(打撲後のような痛み)があります。注入する部位によっては、腫れ・内出血があり、1~2週間程度で引いていきます。

A.基礎疾患がある方、妊娠中・授乳中の方、血圧を下げる薬を飲んでいる方はご利用いただけません。その他にも持病がある方は、事前にかかりつけの医師にご相談ください。

回答 : SAC総院長・心斎橋院院長 米田 桂子

米田医院

● 来歴
2002年 大阪医科大学 卒業
2006年 某有名美容外科院長 就任
2011年 SAC心斎橋院長 就任

● 資格
サーマクール認定医、ボトックスVST認定医、日本美容医師会 会員、日本美容皮膚科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員

サクラアズ心斎橋院
〒542-0085
大阪市中央区心斎橋筋1-4-14燕京ビル3F・4F
FREE:0120-43184-5 / TEL:06-6282-3339

ピコレーザー ハイフ ウルトラセルQ+ ダーマペン4診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP