女性のキレイを応援!美容コラム

今月のおすすめメニュー

美しいとされる鼻の形を解説!お悩み解消メイク・人気の美容整形

鼻は、顔の印象を左右する重要なパーツです。美しい鼻の形にはいくつかの条件があり、正面だけではなく、横顔の美しさを決める基準にもなります。自分の鼻の形にコンプレックスを持つ人は多いですが、どのようなメイクを施せば美しい鼻の形となるのか知らない人は多いのではないでしょうか。

当記事では、美しいとされる鼻の条件と、日本人に多い鼻の形や種類、鼻の形の悩みをカバーするメイクテクニックを解説します。鼻の形で悩んでいる人、鼻の形をメイクで美しく見せたい人はぜひ参考にしてください。

 

1.「美しい」とされる鼻の条件とは?

鼻は顔の中央に位置しており、顔全体の印象を決める重要なパーツです。そのため、鼻の形が顔の美しさを決めるといっても過言ではありません。美しい鼻の条件は、高さ・鼻先・横から見た形・横幅によって決まります。

条件に当てはまっていることは鼻の美しさを判断するポイントとなりますが、顔の美しさは目や口の形によって左右されるため、全体的なバランスも大切です。

以下では、美しいとされる鼻の条件について詳しく説明します。

 

1-1.ある程度の高さがある

高さのある鼻は、華やかで明るい印象を与えます。ただし、鼻が高すぎると攻撃的できつい性格だと思われることもあるため、ある程度の高さであることがポイントです。

鼻の高さは横顔の美しさの基準となる「Eライン」にも関わります。Eラインとは、鼻先・口先・顎先を一直線につなぐ線のことで、鼻先と顎先をつなぐラインの中に口元が収まっている状態が美しいとされています。鼻に高さがなければ美しいEラインは生まれないため、自分の鼻の高さが適切であるかを知る参考にしてください。

 

1-2.鼻先が尖っている

鼻先がツンと尖った細い鼻は、繊細で女性らしい印象を与えます。外国人のようなすっきりとした顔つきで、華やかなメイクやファッションが似合うため、おしゃれの幅も広がります。また、鼻先が高いことで「鼻が高い」という印象を与えることも可能です。

鼻先は下から見たときに、きれいな正三角形であることが理想の形です。正三角形に収めるためには、鼻先が尖っていると同時に、小鼻もすっきりしている必要があります。

 

1-3.鼻筋が横から見てまっすぐもしくは「ノ」の字に伸びている

鼻筋は、横から見たときに「直線」もしくは「ノ」の字であることが美しいとされています。鼻筋が歪んでいるとバランスが崩れるため、まっすぐに伸びているかどうかも重要なポイントです。

また、鼻の付け根は眉間の下に位置していることが理想です。理想的な鼻の付け根の場合、正面から見たときに上まぶたと同じ高さとなります。

 

1-4.横幅が唇の幅の3分の2となっている

鼻の横幅は、唇の3分の2が理想の大きさです。鼻の横幅が口に対して3分の2であるという比率は、黄金比に当てはまります。黄金比とは、視覚的にバランスが取れている状態で、人間が「美しい」と感じる比率です。

鼻の横幅は大きすぎると野暮ったい印象となりますが、小さすぎても違和感が生まれます。唇との比率を見ながら、バランスのよい鼻幅であることが望ましいでしょう。

 

2.日本人に多い鼻の形・種類|各種類に適切なメイクテクニック

鼻の形には、いくつかの種類があります。鼻の形により人に与える印象が違うため、自分の鼻の形を知っておくことは大切です。また、自分の鼻の形に合わせたメイクをすれば、顔全体のバランスを整えることが可能です。ハイライトやシェーディング、コンシーラーを上手に使いこなし、魅力的な鼻の形を作りましょう。

以下では、日本人に多い鼻のタイプと、美しい鼻の形に見せるメイク術を紹介します。

 

2-1.ぺちゃ鼻

ぺちゃ鼻とは、鼻筋が通っておらず、全体的に低い鼻のことです。顔に凹凸がないため、のっぺりとした地味な印象となります。実年齢より幼く見られることも多いでしょう。

ぺちゃ鼻の場合は、鼻の形に陰影をつけ、鼻を立体的に見せるメイクがおすすめです。まず、シェーディングを眉根から鼻筋まですっと引きます。小鼻に向かってぼかし、自然な影を作りましょう。ハイライトは、鼻の中央から鼻先に向かって引いてください。小鼻の凹んでいる部分にシェーディングを入れると、より立体感のある鼻となります。

 

2-2.団子鼻

団子鼻とは、鼻先や小鼻が丸い鼻のことです。団子鼻は日本人によく見られるため、コンプレックスを感じている人も多い傾向にあります。

存在感がある団子鼻には、鼻先の印象を弱め、目線を上に向けるようなメイクがおすすめです。ハイライトは鼻先には入れず、おでこから眉間に入れてください。鼻の丸みを解消するためには、コンシーラーが効果的です。小鼻の線に沿ってコンシーラーを乗せましょう。シェーディングは鼻の付け根から小鼻へ向かってぼかし、自然に鼻筋を際立たせることで団子鼻の印象が薄まります。

 

2-3.ニンニク鼻

ニンニク鼻とは、鼻の先端が丸く、小鼻が横に広がった鼻のことです。鼻の皮膚が厚く肉付きがよいため、重たい印象を与えます。ニンニク鼻は存在感が強く、笑うと鼻がさらに広がってしまいます。

ニンニク鼻の場合は、鼻全体をすっきりさせるために、小鼻を小さく見せるメイクがおすすめです。小鼻にノーズシャドウを乗せ、ブラシや指先を使い、外側に向かってぼかしましょう。鼻先にはハイライトを逆三角形の形で乗せ、尖った鼻先を作ります。

 

2-4.ブタ鼻

ブタ鼻は、鼻の穴が見えやすく、鼻筋が短いという特徴があります。また、鼻先が丸みを帯びることで、平面的な顔立ちになりやすい傾向です。

ブタ鼻を改善するメイク方法としては、鼻の穴付近を暗めにし、穴を目立たせないようにするテクニックがおすすめです。ハイライトをおでこから眉間にかけて入れ、鼻先の印象を弱めましょう。

 

2-5.わし鼻

わし鼻とは、鼻筋が曲線を描き、先端が尖っている鼻のことです。鼻が高いため西洋人のような雰囲気を持ちますが、男性的でクールなイメージを与えやすい傾向にあります。

わし鼻の場合は、全体的にやわらかな印象になるようなメイクがおすすめです。彫りが深いためシェーディングは入れすぎず、ハイライトを眉間や鼻先にナチュラルに乗せましょう。骨が出ている部分にはローライトを入れて、印象を抑えます。
また、鼻のメイクだけでなく、眉毛を柔らかなアーチ型にしたり、チークをふんわりと乗せたりすることで、顔全体の雰囲気を優しくすることができます。

 

3.コンプレックスを根本改善!鼻の美容整形について

鼻の形に関するコンプレックスはメイクである程度隠すことはできますが、悩みの根本的な改善にはなりません。鼻の形を改善するマッサージ方法もありますが、過度なマッサージは肌荒れや皮膚が伸びる原因となるため、注意が必要です。

鼻の形の悩みを根本から改善したい場合は、美容整形を検討してみましょう。鼻の美容整形の中でも、自費診療となりますが、比較的気軽に行える美容整形として「ヒアルロン酸注入」があります。以下は、鼻のヒアルロン酸注入の概要をまとめた表です。

特徴 ヒアルロン酸を鼻の付け根・鼻筋に注入することで、希望に応じた鼻の形に整える治療方法です。メスを使用しないため大きな傷跡がつかず、短時間の施術が可能です。
メリット ヒアルロン酸は体内に存在する成分であるため、アレルギーの心配がありません。痛みや腫れが少なく、施術直後からメイクが可能です。
デメリット ヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されていくため、効果の持続期間は3ヶ月~1年程度です。内出血・むくみ・違和感などが起こるリスクがありますが、多くの場合は数日~2週間以内で収まります。

鼻のヒアルロン酸注入は、プロテーゼ挿入と比較すると費用を抑えることができます。ダウンタイムも少ないため、メスを使った手術に抵抗がある人や鼻の形のコンプレックスを手軽に解消したい人は、鼻のヒアルロン酸注入を選択肢に入れるとよいでしょう。

 

まとめ

鼻は顔全体のイメージを決める重要なパーツであり、鼻の形により他人に与える自分の印象も異なります。美しい鼻の形の条件には、「高さがある」「鼻先が尖っている」「横から見たときに直線もしくは「ノ」の字である」「横幅が唇の3分の2である」という特徴があります。

日本人に多い鼻の形は、ぺちゃ鼻・団子鼻・ニンニク鼻・ブタ鼻・わし鼻です。鼻の形に合うメイクをすることでコンプレックスを軽減できますが、根本的な悩みの解決にはなりません。鼻の形に関する悩みを根本的に解消したいときは、美容整形を検討してみましょう。

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+アラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP