シミ・ソバカス・
くすみ治療

シミの種類を的確に診察し、好みに合わせた様々な治療法をご提案致します。

気になるシミの治療法を見る

シミの種類や性質・濃さに対して、適切なレーザー・光治療器で治療を行うことにより、皮膚のダメージを最小限に抑えながら効果的に改善します。

シミの種類

シミには以下のようなものがあります。

  • 老人性色素斑(日光性色素斑)

    老人性色素斑(日光性色素斑)アイコン

    加齢と共に増える、一般的な「シミ」です。 紫外線・日焼けが主な原因で、早ければ20代で現れ、多くは40代以降に紫外線を浴びやすい部位に増加します。濃い褐色で境界が明確なシミです。最初は薄茶色で、次第に濃くなります。 レーザーや光治療に反応が良く、取れやすいシミです。何年も放置すると隆起してくる場合もあります。

  • そばかす(雀卵斑)

    そばかす(雀卵斑)アイコン

    学童期に発生する、鼻を中心に左右対称に散らばる細かい斑点。発生は遺伝の影響が大きいと考えられています。 主に顔の目の下にみられる、直径3~5ミリの細かく散在した茶色の色素斑で、手・背中・肩にもできることがあります。紫外線の影響で濃くなる場合もあり、再発しやすいことが特徴です。

  • 肝斑(かんぱん)

    肝斑(かんぱん)アイコン

    30~40代の女性に最も多いシミです。頬骨沿い、鼻の横、額などに左右対称に薄ぼんやりと広がるシミを肝斑といいます。女性ホルモンの影響で発生すると考えられ、摩擦や刺激、強いレーザー治療で悪化する場合があります。刺激の低いレーザー治療や、トラネキサム酸の服用、医療用美白クリーム等で治療が可能です。

  • 色素沈着

    色素沈着アイコン

    ニキビ、アトピー性皮膚炎、虫刺されや火傷・傷跡などの強い炎症は、治癒後に色素沈着が残ります。また強い摩擦が長期間続くと、目の周りなどの皮膚が薄い部分は洗顔や化粧、化粧落としでも色素沈着が起こってくすむ場合も。多くは時間の経過で自然に消えますが、長い時間がかかる事もあります。

  • ADM (後天性真皮メラノサイトーシス)

    ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)アイコン

    皮膚の深く(真皮層)にあるため、灰~紫がかった色に見える細かいシミです。色味に個人差があり、他の種類のシミと有効なレーザーの種類が異なる場合が多く、見間違うと治療が困難です。 サクラアズクリニックでは経験豊富な医師が、適切な診療と治療をご提供しています。
    Qスイッチレーザー、ピコレーザーがとても有効で1~2回の治療で改善する事が多いシミです。肝斑と異なり、トーニング等の弱いレーザーは真皮層まで届かず全く効果がありません。

日常のケア

日常ケア

スキンケア

乾燥はあらゆる肌トラブルの元。お肌の潤いを保つ基礎化粧品は、紫外線のダメージを最小限に抑えるためにも重要です。
サクラアズクリニックでは、クリニックオリジナルコスメやエムディア、エンビロン、さらに専門的な処方による『ゼオスキンヘルス』で、特別なホームケアをお勧めしています。
トレチノイン・ハイドロキノンを用いたセラピューティックプログラムでは、医師の診察で最適な処方を致します。
クリニックのスキンケアで、差のある美肌に。肌トラブルでお悩みの方もご相談ください。

UVケア

紫外線はあらゆるシミを悪化させ、老化現象も招くため、最優先で対策するべきです。UVカットクリームや、日傘や帽子で紫外線を避けましょう。 但し、紫外線を避けすぎると骨の成長に欠かせないビタミンDが不足し、若くても骨粗しょう症になる事もあります。直射日光に当たるのは毎日10分程度で良く、手のひらや足の裏でもビタミンDが作られます。

UV化粧品には、SPFやPAという表記があります。正しい意味をご存知でしょうか。

SPFとは

「UVB(紫外線B波)」を防ぐ「時間」を表しています。 SPF1=20分で計算し、SPF30の場合は「30×20分=600分(約10時間)」が塗ってから効果が持続する時間の長さになります。 UVB)は主に肌の表面で吸収され、短時間で赤みや炎症を起こします。炎症が刺激となってメラニン色素の発生を促し、日焼けに繋がります。

PAとは

PAは「UVA(紫外線A波)」を防ぐ効果を4段階で表し、「+」が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。 UVAは肌の奥深くまで届き、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞にダメージを与えます。老化を最も促進する、一番防ぐべき紫外線です。メラニン色素の合成も増やし、シミ・そばかすの原因でもあります。

どんなにSPFやPAの数値が高くても、汗や水でどんどん流れて効果が失われてしまいます。夏季は2時間ごとの塗り直しがおすすめです。夏用のUV化粧品は汗に強い配合で、皮脂の分泌が減り乾燥する冬場は肌に大きな負担になり、乾燥や老化を招きます。季節に合った日焼け止めを使って、効果的なエイジングケアを行いましょう。

ピコレーザー ハイフ ウルトラセルQ+ ダーマペン4診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP