ニキビ・ニキビ跡
の治療

肌再生医療で、
ニキビ跡の凸凹を改善。

気になるニキビの治療法を見る

赤ニキビや黒ニキビなど様々なニキビも、レーザーやピーリングで治療可能です。

ニキビの原因は多くの場合、不規則な食生活、寝不足、飲酒や喫煙、ストレス、間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなどの要素が複合しています。 これらの要因が肌のターンオーバーを乱し、古くなった角質が溜まる・毛穴が詰まる等で、ニキビになると考えられています。

ニキビの種類は「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」に分けられます。 皮脂が毛穴につまった「白ニキビ」、白ニキビの毛穴が開き、メラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見える「黒ニキビ」、白ニキビが悪化しアクネ菌の活動で炎症が起きた「赤ニキビ」、赤ニキビがさらに悪化し、炎症が激しくなった膿が見える「黄ニキビ」。

各ニキビに合った治療がありますので、1人1人丁寧に診察し、最適な治療をご案内します。 また、どの段階のニキビにも効果があるミックスピールプラスもおすすめです。

ニキビの種類と治療方法

ニキビのおすすめ治療

  • 【白ニキビ】にオススメの治療
    - 皮脂が詰まって固まった状態 -

    白ニキビアイコン

    白ニキビは、毛穴の入り口が小さな角栓で詰まってしまい、内側に皮脂が溜まっている状態のニキビです。ニキビの初期段階で、痛みや赤みが出る前のニキビになります。コメド(面ぽう)とも呼ばれます。

  • 【黒ニキビ】にオススメの治療
    - 詰まった皮脂が酸化等で変色した状態 -

    黒ニキビアイコン

    黒ニキビは、白ニキビの毛穴周りの皮脂詰まり(=角栓)が大きくなり、酸化した皮脂が黒ずんで見えるニキビです。まだ炎症していない、コメド(面ぽう)の状態です。

  • 【赤ニキビ】にオススメの治療
    - 炎症反応が強い状態 -

    赤ニキビアイコン

    赤ニキビは、白ニキビの内部でアクネ菌が増殖して炎症が起こった状態です。毛包(毛穴の中)ではアクネ菌の活動が盛んで、免疫機能により炎症性サイトカイン(インターロイキン1α、トランスグルタミナーゼ1など)が発生して痛みと赤みを引き起こします。

  • 【黄ニキビ】にオススメの治療
    - 化膿した状態 -

    黄ニキビアイコン

    黄ニキビは、赤ニキビがさらに悪化し、炎症反応が進んだ結果「膿」が発生し、ニキビの頂点部分に集まるので黄色く見えます。炎症が進むと、アクネ菌が発生させた酵素が毛包の壁を壊して広がります。この時、毛包の壁と周囲の細胞組織が壊れると、クレーター毛穴の原因になります。

ニキビが跡になる原因と治療

ニキビの炎症が悪化しすぎたり、無理につぶしたりすると、毛穴周りの組織もダメージを受け、元に戻らずにニキビ痕(あと)として残りやすくなります。 クレーターのような凹み、赤みが変化した茶色い色素沈着、深いニキビが起こす再生異常で凸状になったもの、体質が主な要因になるケロイドなど、ニキビ跡の種類も様々。

赤みや色素沈着には、炎症を抑える薬やメラニンを破壊するレーザーで。
凹みには、肌の細胞を刺激してコラーゲンを再生し、皮膚組織を増やして修復します。
どのニキビ痕も、根気よく適した治療を続け、少しずつ改善できる場合が多くあります。
医師が丁寧に診察し、最適な治療法や組み合わせを考え、ニキビ跡だけでなくニキビそのものができにくい肌質へ改善していきます。

ニキビ跡のおすすめ治療メニュー

  • 【クレーター・凹み】にオススメの治療

    クレーター・凹みアイコン

    ニキビの炎症が激しい場合、毛包を破壊して真皮に漏れたアクネ菌で炎症を起こした細胞が活性酸素を放出し、毛包周辺の真皮細胞を壊してしまうと、凹んだ状態が治らずクレーターになります。
    まだ赤みが残るクレーターは、細胞組織にビタミンCを与えたりピーリングである程度改善が可能です。
    赤みが引いて時間が経ったクレーターは、肌に細かい穴を空ける治療で細胞の再生を促し、内側から凹みを改善していきます。
    クレーターの大きさによっては、時間をかけて根気よく治療する必要があります。

  • 【赤み】

    赤みアイコン

    ニキビの赤みが残っているのは、まだ毛包でアクネ菌が活発に活動しているからです。
    詰まった毛穴をピーリングで溶かして内部を殺菌したり、光やレーザーでアクネ菌を殺菌することで治療できます。
    ピーリングは、新たなニキビの予防にもなりおすすめです。

  • 【色素沈着】にオススメの治療

    色素沈着アイコン

    ニキビの炎症による赤みがひどいと、色素沈着を引き起こして茶色い跡が残ります。
    色素に反応する医療レーザーで、メラニン色素を破壊して新陳代謝で排出してしまうのがおすすめ。
    美白効果の高いピーリング剤も効果があります。

ピコレーザー ハイフ ウルトラセルQ+ ダーマペン4診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP