敏感肌・アトピーケア

今月のおすすめメニュー

赤ら顔の原因は?自分でできる対策と顔の赤みの改善方法

顔を真っ赤にして泣く赤ちゃんは、大変かわいらしいものです。しかし、いい大人であるのにもかかわらず、顔がすぐに赤くなってしまうことを恥ずかしいと感じている人もいるでしょう。顔が赤くなる「赤ら顔」には、いくつかの原因が考えられます。

今回は、赤ら顔になる原因を解説したうえで、自分でできる赤ら顔の対策や赤ら顔の改善が期待できる治療方法を紹介します。鏡を見るたびに顔が赤いことが気になっている人や、赤ら顔になる原因を知りたい人、赤ら顔を治したい人は、最後まで目を通してみてください。

 

1.赤ら顔になる原因

「赤ら顔」と一口に言っても、顔の一部だけが赤くなるものから、顔全体が赤みを帯びるものまで、さまざまなタイプがあります。そのため、赤ら顔になる原因も多種多様です。

以下より、赤ら顔になる主な原因を4つ紹介します。赤ら顔を治すヒントを得たい人は、自分に当てはまる原因は何かをチェックしてみましょう。

 

1-1.毛細血管拡張症

顔の赤い部分が網目状になっている場合は、「毛細血管拡張症」である可能性があります。毛細血管拡張症とは、顔にある毛細血管が何らかの原因で広がり、皮膚の表面に赤く浮き上がって見える症状です。特に、毛細血管が多い鼻の周りや頬部は症状が現れやすく、多くの人を悩ませています。

毛細血管が広がる主な原因としては、激しい寒暖差や緊張、飲酒などが挙げられます。毛細血管の広がりは、一時的であることが大半です。しかし、慢性的に毛細血管が広がっている場合には、治療する必要があります。

 

1-2.脂漏性皮膚炎

額や小鼻周辺などの皮膚が厚くなって赤みを帯び、肌表面が乾燥によってカサカサしたり粉を吹いたりしている場合には、「脂漏性皮膚炎」が疑われます。脂漏性皮膚炎とは、皮脂が酸化することによって生じる炎症です。

脂漏性皮膚炎が発症する原因は、まだ明らかにされていません。しかし、近年は、人の皮膚に常在するカビの一種「マラセチア」が異常繁殖することで脂漏性皮膚炎が引き起こされるという説が有力とされています。

 

1-3.酒さ・酒さ様皮膚炎

鼻や頬をはじめとする顔の中心部が赤くなると同時に、赤くなった部分にほてりを感じる場合は、「酒さ」や「酒さ様皮膚炎」である可能性があります。

酒さとは、中高年以降の人に多く見られる、酔っぱらった人のように顔が赤くなる症状を指す言葉です。発症原因は不明とされているものの、激しい気温差やアルコール、紫外線などが酒さの症状を悪化させると言われています。

一方、酒さ様皮膚炎は、ステロイド外用薬を長期間使用することによって引き起こされる、酒さによく似た症状です。その発症原因から、ステロイド誘発性皮膚炎とも呼ばれます。

 

1-4.ニキビや乾燥などの刺激

ニキビや乾燥などの刺激も、赤ら顔の原因となる場合があります。ニキビが悪化して炎症を起こした場合、皮膚が赤くなってしまいます。さらに、赤くなった皮膚に何度もニキビができると、皮膚の赤みが慢性化してしまうため、注意が必要です。

また、肌は乾燥すると真皮が薄くなって肌が弱くなり、肌トラブルが起こりやすい状態になります。過度な洗顔やピーリングは肌の乾燥による肌荒れを招く大きな原因となるため、ほどほどにするように心がけてください。

 

2.自分でできる赤ら顔の対策

赤ら顔は原因不明の場合も少なくありません。しかし、赤ら顔の多くは、日々の生活習慣によって良くなったり悪くなったりします。そのため、赤ら顔に悩んでいる場合は、まず日々の暮らしの中で対策を講じることが大切です。

以下より、自分でできる赤ら顔の対策方法を4つ紹介します。

 

2-1.規則正しい健康的な生活を送る

赤ら顔の悩みを改善したいときは、規則正しい健康的な生活を心がけましょう。

たとえば、睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌が減り、肌の代謝が悪くなります。その結果、肌に角質が残ったり、うるおい成分が分泌されずに乾燥しやすくなったりして、赤ら顔がひどくなってしまう可能性があるため、注意が必要です。赤ら顔に悩んでいるときは、適度な睡眠時間を確保しましょう。

また、過度な喫煙や飲酒も、乾燥肌や毛細血管の拡張を誘発し、赤ら顔を悪化させます。肌に負担をかけないためにも、喫煙や飲酒は控えめにしましょう。

 

2-2.栄養バランスの整った食事を取る

たんぱく質や必須脂肪酸、食物繊維やビタミンなどを含む栄養バランスが整った食事を取ることも、赤ら顔を改善するうえで重要なポイントです。

特に、肌を修復する力があるビタミンB2が多く含まれるモロヘイヤやしそなどは、積極的に摂取しましょう。また、皮脂の過剰分泌を抑える効果があるビタミンCを多く含むパプリカやブロッコリーなどもおすすめです。

一方、脂質や糖質、香辛料をはじめとする刺激物は皮脂の過剰分泌を招き、赤ら顔を悪化させる原因となってしまいます。そのため、摂取量にはくれぐれも注意してください。

 

2-3.肌に刺激を与えず丁寧に保湿する

スキンケアの際は、肌に刺激を与えないように注意し、丁寧に保湿することが大切です。

赤ら顔に悩んでいる人の中には、肌を清潔にしようと洗顔などのスキンケアに力を入れている人も少なくないでしょう。しかし、ゴシゴシと力強く顔を洗ってしまうと、必要以上に皮脂が落ち、赤ら顔が悪化します。

顔を洗う際はソフトタッチを心がけ、洗顔後は肌のバリア機能を高めるセラミドが配合された化粧水などの基礎化粧品を使ってしっかりと保湿してあげましょう。

 

3.赤ら顔の改善が期待できる治療方法

セルフケアを一通り試してみたものの、赤ら顔がなかなか改善しない場合は、美容皮膚科の施術を受けてみましょう。赤ら顔の改善が期待できる美容皮膚科の治療方法には、以下の4つが挙げられます。

〇フォトフェイシャル-ナチュライト

「フォトフェイシャル-ナチュライト」とは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる光を照射して赤ら顔の改善を目指す美容治療です。特定のものにだけ反応する特殊な光が皮膚表面に浮き出て見える血管に働きかけ、血管の収縮を促します。

〇IPL-Pフェイシャル

「IPL-Pフェイシャル」とは、美容医療の先進国である韓国で生み出されたレーザー治療器と光治療器のメリットを併せ持つ治療器を用いて行う治療法です。IPLが広がった毛細血管に働きかけるため、周囲の肌を傷つけることなく赤ら顔の改善を図ることができます。

〇フォトフェイシャル-M22

「フォトフェイシャル-M22」とは、医療分野におけるIPLのパイオニアであるルミナス社の光治療器を用いて施術する美容治療です。IPLを用いて目立っている毛細血管にダメージを与え、赤ら顔の解消を目指します。

〇イオン・超音波導入

「イオン・超音波導入」とは、トリートメント剤を肌に塗り、微弱な電流を流したり超音波を当てたりしてトリートメント剤を肌に浸透させる治療方法です。トリートメント剤にはビタミンAやビタミンCが多く配合されているため、肌のうるおいアップや皮脂の過剰分泌の抑制が期待できます。

 

3-1.赤ら顔の原因に適した施術なら「サクラアズクリニック」

サクラアズクリニックでは、丁寧なカウンセリングで赤ら顔の原因を追求し、患者様に適した治療法を提案しています。

フォトフェイシャル-ナチュライトは心斎橋院、IPL-Pフェイシャルは天神院、フォトフェイシャル-M22は心斎橋院で受けることが可能です。なお、イオン・超音波導入は全院で承っています。

赤ら顔の原因に適した施術を受けたい人は、ぜひサクラアズクリニックに相談してみてください。

 

まとめ

赤ら顔の主な原因には、毛細血管拡張症や脂漏性皮膚炎、酒さ・酒さ様皮膚炎、ニキビや乾燥などの刺激が挙げられます。

赤ら顔は、規則正しい健康的な生活を送るなどのセルフケアを行えば、改善を目指せます。しかし、今回紹介した4つのセルフケア方法を試しても赤ら顔が改善しない場合は、美容皮膚科の専門治療を受けることも一案です。

自分の赤ら顔に適した治療方法を見つけたい人は、赤ら顔の改善が期待できる4つの治療方法を取り扱っているサクラアズクリニックに足を運んでみてください。

敏感肌・アトピーケア

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+アラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP