女性のキレイを応援!美容コラム

ピンクインティメイト(Pink Intimate)でデリケートゾーンを美しく

色素沈着しやすいデリケートゾーンの美白に興味がある方向け! ピンクインティメイト(Pink Intimate System)について

デリケートゾーンを自分でケアするのは大変だという方も多いのではないでしょうか。
色素沈着を起こしてしまい、美白になりたいと思っている方もいるかもしれません。ピンクインティメイト(Pink Intimate System)という女性のデリケートゾーンのために開発された美白薬剤というものがあります。
ピンクインティメイトに使われている成分や、施術についてご紹介していきます。

ピンクインティメイトって何?

恥丘や大陰唇、肛門周辺、鼠径部(足の付け根)など、女性のデリケートゾーンは皮膚が薄くて敏感なものです。
ムダ毛を自己処理したり、下着で肌を締め付けられたりすることで色素沈着が起きてしまいます。
ピンクインティメイト(Pink Intimate System)は、色素沈着を起こしやすい女性のデリケートゾーン専用に使われている美白薬剤のことを言います。
このピンクインティメイトは、デリケートゾーン以外にも乳首、脇、ひざ、ひじなど、体の様々な部位の黒ずみを改善することが出来ます。

ピンクインティメイトは女性の体の中の敏感な部位専用に作られているため、痛みもダウンタイムもないと言われています。
施術自体は、ピンクインティメイトを塗布して揉みこむだけなので簡単です。
ピンクインティメイトは出産後の色素沈着にも有効なので、出産してから色素沈着で悩んでいる方にも向いているでしょう。

どんな成分が使われているの?

ピンクインティメイトに使われている主な成分は、クロロ酢酸、コウジ酸、バイオ刺激因子、ビサボロールの4つの成分です。
クロロ酢酸は、肌を内側から活性化させてハリをもたらしてくれる役割を持っていて、酸によるピーリング作用もあります。
コウジ酸は、美白効果に優れた酸で、メラノサイトを不活性化させシミやくすみを改善します。
バイオ刺激因子は、肌のターンオーバーを正常化させ、メラニンの排出を助け酸の美白効果を高めます。
ビサボロールは肌を柔らかくし、他の薬剤をより浸透させます。

施術について

ピンクインティメイトの施術は、デリケートゾーンに行うことが多いため、誰が施術を行うのか気になるという方もいるでしょう。
国家資格を持つ女性看護師が施術を行うのでご安心ください。
ピンクインティメイトのおすすめの施術ペースは、1週間に1度を4回程度です。
それくらい施術を行うと満足できる効果が得られる場合が多いです。しかし、1回の施術で効果を感じる方もいるので、自分に合ったペースを考えてみてください。
ピンクインティメイトで肌のくすみが改善した後も、長期間放置してしまうと元に戻る場合があるので、定期的に施術を受けることをおすすめします。

カウンセリングで理解を深めよう!

デリケートゾーンの色素沈着に悩みを抱えている方は、ピンクインティメイトの施術を行っているクリニックへ行ってカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。
先生から詳しい説明を聞いて、ピンクインティメイトの効果や施術についての理解を深めていくことをおすすめします。
色々と質問をしてみて、不安なことを解消してから施術を検討してみましょう。

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+アラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP