女性のキレイを応援!美容コラム

今月のおすすめメニュー

グリコール酸とは?期待できる効果やピーリングの注意点を解説

グリコール酸は、肌のコンディションや肌トラブルの改善をサポートしてくれる成分の一種です。グリコール酸を使用した化粧品やピーリング施術は多いため、グリコール酸にどのような美容効果があるのか興味を持っている人もいるでしょう。

今回は、グリコール酸とはどのような成分なのか説明したのち、グリコール酸に期待できる効果や、グリコール酸が配合された市販品を使う際の注意点を解説します。グリコール酸を使ったケミカルピーリングについても紹介しているため、美肌を目的にグリコール酸に注目している人は必見です。

 

1.グリコール酸とは?

グリコール酸とはフルーツ酸の一種であり、サトウキビやパイナップルなどの果物などに多く含まれている天然由来成分のことです。正式名称は「α−ヒドロキシ酸」と言います。

グリコール酸は角質剥離作用が認められることから、多くの化粧品に使用されています。グリコール酸が使われている製品には以下が挙げられます。

  • ピーリング化粧品
  • スキンケア化粧品
  • 洗顔料・洗顔石鹸
  • シート・マスク製品

グリコール酸は、肌の角質を落とすケミカルピーリングの薬剤としても有名です。市販のピーリング化粧品から美容クリニックの施術まで、グリコール酸は幅広く使用されています。

 

2.グリコール酸に期待できる効果

グリコール酸は美容面でさまざまな効果が期待できることから、スキンケア剤や美容外科の施術などで活用されています。肌のごわつきやかさつき、ニキビに悩んでいる人は、グリコール酸の効果にぜひ着目してみましょう。

ここからは、グリコール酸に期待できる3つの効果について解説します。

 

2-1.肌のターンオーバーに働きかける

多くの肌トラブルは、肌のターンオーバーが乱れることによって起こります。ターンオーバーが正常な状態であれば、肌は約28日のサイクルで生まれ変わります。しかし、栄養バランスの乱れ・睡眠不足・加齢などの要因で肌の新陳代謝が乱れると、古くなった角質が肌の表面に溜まり、くすみ・かさつきなどのトラブルを引き起こします。

肌トラブルを予防して肌のコンディションを良好に保つためには、ターンオーバーの正常化をサポートすることがポイントです。グリコール酸には、肌の新陳代謝にアプローチする効果が期待できるため、多くのスキンケア用品に配合されています。

 

2-2.なめらかで潤いのある肌に整える

古くなった角質が肌表面に溜まると、肌は弾力を失い、ざらつきやごわつきが目立ちはじめます。肌をなめらかで潤いのある状態にするためには、古くなった角質を取り除くことが重要です。

グリコール酸は角質をはがれやすくし、肌に弾力や保湿力を与える効果があるため、肌のくすみ・ざらつきを緩和することができます。このような特性から、グリコール酸は角質ケアとしてピーリングの薬剤にも使われています。肌表面をなめらかに整えることで、ハリと潤いのある状態に近づけるでしょう。

 

2-3.ニキビ・ニキビ跡の改善を助ける

古い角質が皮脂や汚れと混ざると角栓となり、角栓が毛穴を塞ぐと雑菌が繁殖してニキビの原因となる場合があります。ニキビを予防するためには、定期的に肌の角質を取り除き、角栓ができない状態にすることが重要です。

グリコール酸は角質を取り除くことができるため、ニキビ予防にも効果的です。ニキビ外用薬を使用している場合、グリコール酸により排膿が促進されたり薬が浸透しやすくなったりすることで、ニキビが治りやすくなる効果も期待できます。また、ターンオーバーに働きかけ、ニキビ跡の改善もサポートします。

 

3.グリコール酸配合の市販品を使う際の注意点

市販品の中には、グリコール酸が配合されたスキンケア用品もあります。手軽に入手できる一方で、誤った使い方をすると思わぬトラブルを招くことがあるため、注意が必要です。グリコール酸配合の市販品を使用する際の注意点は、下記の2点です。

・適切な濃度のピーリング剤を使う
グリコール酸の入ったピーリング剤には、さまざまな濃度の製品があります。しかし、肌の状態を早く改善したいからといって、濃度が高すぎる製品を使用したり、高頻度でピーリングを行ったりすることは控えましょう。過剰に使用すると肌の負担となる場合があるため、2.5〜4%など低めの濃度から試し、適度な回数でピーリングを行うことをおすすめします。
・グリコール酸によるケア後は必ず保湿する
グリコール酸が配合されたピーリング剤を使用した後は、しっかりと保湿を行うことが重要です。ピーリング後に放置すると肌の乾燥を招き、肌トラブルの原因となります。ピーリングと保湿はセットで考え、肌の状態に合わせた化粧水や乳液を使い、水分や油分を補給してあげましょう。

 

4.グリコール酸を使ったケミカルピーリングとは?

グリコール酸配合の市販品を使っても肌の改善が実感できない場合や、敏感肌などの理由でセルフケアが難しい場合は、美容クリニックでケミカルピーリングの施術を受けてみましょう。美容クリニックのケミカルピーリングは、医療用のピーリング剤を使用し、低濃度から施術を進めます。肌の状態に合わせて施術するため低刺激であり、不要な角質を除去する効果も高いことが特徴です。

・施術時間と施術間隔
1回の施術は30分~40分程度です。肌のターンオーバー周期に合わせて3~4週間に1回を目安に継続的にピーリングすることで、より高い効果が期待できます。
・ケミカルピーリングの効果
  • 肌のターンオーバーを正常化することで、美しく健康な肌を目指すことができる
  • 不要な角質を除去することで、肌トラブルの予防や改善が期待できる
  • 肌の凹凸を目立たなくするため、ニキビ跡の改善が期待できる
  • 毛穴に詰まった角質を落とすことで、毛穴の黒ずみやニキビの改善が期待できる
・施術の流れ
  • (1)医師が入念なカウンセリングと施術プランの提案を行います。
  • (2)施術前にクレンジングを行い、余分な汚れや皮脂を取り除きます。
  • (3)肌の状態に合わせたピーリング剤を使用し、適切な時間で塗布します。
  • (4)ピーリング剤を中和した後、薬剤を拭き取ります。
  • (5)鎮静・保湿パックを使用し、薬剤の刺激で敏感になっている肌をケアします。

 

4-1.ケミカルピーリングの副作用・リスク

ケミカルピーリングの施術中は薬剤の刺激により、ピリピリとした感じがすることがありますが、強い痛みやかゆみが出ることはほぼありません。また、角質を除去することで毛穴に溜まっていた皮脂が多く出てきたり、ニキビが悪化したように見えたりする場合があります。あくまで一時的な症状のため、繰り返し施術することで徐々に改善が期待できます。

ピーリングの施術を行った直後の肌は、非常に敏感な状態です。化粧水や乳液でしっかりと保湿し、日焼け止めで紫外線によるダメージから肌を守りましょう。

 

5.ケミカルピーリングは「サクラアズクリニック」

美容クリニックでケミカルピーリングを受けたい場合は、「サクラアズクリニック」へお気軽にご来院ください。サクラアズクリニックでは、肌の負担を考慮したグリコール酸配合のケミカルピーリングを実施しており、角質ケアによる肌状態の改善をお手伝いしています。

施術前にはカウンセリングを行い、患者様のお悩みや要望に合わせて施術方法・施術内容を提案するため、敏感肌やニキビ肌で悩んでいる場合もご安心ください。明確な料金体系となっており、強引な勧誘を行うこともありません。「セルフケアではなかなか治らない」「もっときれいな肌になりたい」という人は、美容クリニックでケミカルピーリングの施術を受けてみてください。

 

まとめ

フルーツ酸の一種であるグリコール酸は天然由来成分であり、ピーリング剤としてよく使用されている成分です。特に、肌のくすみやニキビで悩んでいる場合は、グリコール酸が配合された化粧品やピーリング剤を一度試してみてください。

グリコール酸を使用した本格的なケミカルピーリングを希望する人は、美容クリニックの施術を受けてみることをおすすめします。美容の専門家の観点から、肌の状態や悩みに適切な施術を受けられるでしょう。

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+アラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP