女性のキレイを応援!美容コラム

今月のおすすめメニュー

おでこ脱毛の効果・メリット|サロン・クリニックの違いや注意点も

鏡で自分の姿を見るたびに、おでこの産毛や、おでこの形が気になる人は多いでしょう。 おでこの産毛・生え際の形は、サロンやクリニックの脱毛で綺麗に整えることができます。

そこで今回は、おでこ脱毛で得られる効果・メリットや、サロンとクリニックのおでこ脱毛の違い、おでこ脱毛を行う際の注意点を解説します。おでこ脱毛に関するよくある質問についても回答するため、おでこの産毛や形に悩んでいる人はぜひチェックしてください。

1.おでこ脱毛の効果・メリットとは?

おでこは、顔まわりの中でも目に付きやすく、印象に残りやすいパーツです。そのため、脱毛でおでこの形を整えたいと考える人は多くいますが、「おでこの毛を脱毛して本当に綺麗になるの?」「おでこの脱毛後にまた産毛は生えない?」などの疑問から二の足を踏む人も少なくありません。

まずは、おでこ脱毛による効果やメリットを解説します。

1-1.自己処理の必要がなくなる

自分でおでこのムダ毛を処理する場合、「カミソリでシェービングする」「毛抜きで抜く」「除毛クリームを使う」のいずれかの方法で行うことがほとんどでしょう。

どの方法も手軽におでこの毛を自己処理できる反面、以下のようなデメリットもあります。

  • ○カミソリでシェービングする

    肌の表面も一緒に剃ることがあるため、皮膚の刺激によってメラニンの生成が促され、色素沈着や黒ずみの原因になりやすい。

  • ○毛抜きで抜く

    毛抜きで傷ついた毛穴からばい菌が入って化膿したり、新しく生える毛が埋没毛となったりすることがある。

  • ○除毛クリームを使う

    除毛剤の刺激が強いため、肌質によっては肌荒れを起こしやすく、除毛剤が目に入る危険性も高い。

サロンやクリニックでおでこ脱毛すれば、毎日のようにシェービングしたり、痛みをこらえながら毛抜きで抜いたりする必要がなくなります。また、除毛クリームよりも肌に与えるダメージが少なく済むため、きちんとケアすれば肌荒れの心配もほとんどありません。

1-2.化粧ノリが良くなる

おでこを脱毛することで、産毛やムダ毛が化粧を邪魔することがなくなるため、化粧ノリが良くなります。化粧ノリが良くなることで化粧崩れも起きにくくなり、化粧直しの手間を減らせるでしょう。

また、おでこの産毛がなくなることで毛穴が目立ちにくくなり、肌のハリやツヤも出しやすくなるため、ワントーンアップした明るく美しい肌を目指せます。

1-3.生え際の形が綺麗になる

おでこの生え際は、自分で理想通りの形状に整えることが難しい場所です。また、人目に付きやすい箇所でありながら、一度失敗してしまうと修正することが難しい部分でもあります。

サロンやクリニックでおでこの生え際を脱毛すれば、自分がイメージする形状と第三者から見たバランスを調整した上で、丁寧に整えてもらうことが可能です。

2.【比較】サロンとクリニックのおでこ脱毛の違い

おでこの脱毛を行う場合、サロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛といった種類の違う脱毛機器を使います。どちらも脱毛の仕組み自体は同じであり、メラニン色素に反応する光やレーザーを毛根に照射することで、毛を生えにくくします。

サロンやクリニックによって「おでこ脱毛のみ」のメニューもありますが、基本的におでこ脱毛は顔脱毛メニューや全身コースに含まれています。

ただし、サロンとクリニックによる脱毛の施術では、料金や痛みの程度、通う必要がある期間が異なります。以下は、サロンとクリニックのおでこ脱毛の違いをまとめた表です。

サロンクリニック
顔脱毛の料金
(おでこ含む)
5回:2万~6万円
10回:5万~7万円
5回:4万~7万円
10回:7万~10万円
おでこ脱毛の料金1回:2,000~4,000円1回:3,000~5,000円
施術の痛み刺激を感じる程度生え際は比較的痛む
施術期間1年半~3年1~2年

サロンで使用できる脱毛器は出力が低いことから、施術完了まで長い時間がかかるケースがほとんどです。しかし、サロンの場合は1回の施術にかかる金額が安く、痛みを感じにくいという特徴があります。

一方でクリニックの場合は脱毛器の出力が高い反面、肌の負担が大きく、痛みも感じやすいことが特徴です。ただし、クリニックの医療脱毛は高い脱毛効果が期待できるため、比較的短期間で施術は完了します。

2-1.セルフ処理はできる?

おでこの脱毛はセルフ処理できますが、黒ずみができやすい・埋没毛になりやすい・肌荒れを起こしやすいといったデメリットがあります。また、おでこは人目を引きやすい場所であるため、セルフ処理で失敗した際のダメージが目立ちやすくなります。

脱毛効果の高さや施術後の対応などを考慮すると、おでこの産毛やムダ毛はクリニックで脱毛する方がおすすめです。

3.おでこ脱毛を行う際の注意点

おでこ脱毛には、自己処理の手間が省けるだけでなく、化粧ノリが良くなったり生え際を綺麗に整えられたりするメリットがあります。しかし、メリットだけに目を向けて、安易に施術を受けることはおすすめできません。

ここでは、おでこ脱毛を行う際に注意すべき2つのポイントを解説します。

3-1.顔全体のバランスを見て決めなければ後悔する可能性がある

おでこを脱毛する際は、おでこと顔全体のバランスを見て脱毛範囲を決めましょう。

脱毛範囲が広すぎると、かえっておでこが目立ってしまう可能性があります。また、生え際のデザインは、元の毛の生え方によってできる・できないがあったり、顔の作りによって似合う・似合わないがあったりするため、注意が必要です。

おでこは、顔の長さに対して3分の1を占める広さが最適とされています。
顔全体に対するおでこの黄金比を踏まえて、脱毛する範囲や生え際の形を決めることで、自分の顔のバランスの合ったおでこにすることが可能です。

おでこの毛を綺麗に整えたいときは、施術前のカウンセリングで必ずスタッフに相談し、希望する脱毛範囲が自分の顔立ちに似合っているか確認しましょう。

3-2.ニキビがあると施術できない可能性がある

おでこにニキビがある場合は、できているニキビの種類によって、脱毛の施術を受けられない可能性があります。

施術できるニキビ施術できないニキビ
  • 化膿していない、小さな白ニキビ
  • 化膿している白・黄ニキビ
  • 化膿していないが、白ニキビが5~6個以上ある
  • 赤ニキビ
  • 黒ニキビ

脱毛器の光は黒い色素に反応するため、黒ニキビでなければ施術自体は可能です。しかし、大量のニキビができていたり、炎症を起こしていたりすると、脱毛の施術によってニキビが悪化するリスクがあります。そのため、ニキビができている箇所は施術を避けることが一般的です。

4.【Q&A】おでこ脱毛に関する「よくある質問」

おでこ脱毛は、他の脱毛部位に比べて身近に施術を受けている人が少ない傾向にあるため、おでこ脱毛に関してさまざまな疑問を抱いている人もいるでしょう。

最後に、クリニックのおでこ脱毛に関する質問の中でも特に多い、「おでこ脱毛で脱毛できる範囲」と「施術後に気を付けるべきこと」の回答を紹介します。

4-1.おでこの範囲はどこまで脱毛できますか?

基本的に「おでこ」として脱毛できる範囲は、眉上から髪の生え際にある産毛までです。
ただし、クリニックによって「おでこ」と定義している範囲は異なるため、カウンセリングの際におでこ脱毛の範囲をしっかりと確認しましょう。

なお、眉上といっても、クリニックでは眉のライン自体を整える施術は行っていません。あくまでも眉上から髪の生え際までにある産毛・ムダ毛の脱毛になることを押さえておきましょう。

4-2.施術後気を付けなければならないことは何がありますか?

おでこの脱毛を終えた後は、日焼け止めなどの紫外線対策や保湿を入念に行いましょう。

おでこは、もともと紫外線が当たりやすい部分です。おでこを脱毛することによって、紫外線から守ってくれていた産毛がなくなるため、これまでよりも紫外線による日焼けや乾燥などのダメージを受けやすくなります。

特に、施術直後は紫外線による肌への刺激を最小限に抑えることが大切です。いつもよりもしっかりと日焼け止めを塗り、化粧水をたっぷりとつけてあげてください。

まとめ

おでこの産毛やムダ毛は自己処理で済ますことも可能ですが、黒ずみや肌荒れなどを引き起こしやすいため、あまりおすすめできる方法ではありません。

クリニックのおでこ脱毛なら、肌の状態を見極めた上で施術を行うため、肌へのダメージを最小限で抑えられます。また、自己処理を行う必要がなくなり、化粧ノリも良くなるなど、日々の手間が省けることがおでこを脱毛するメリットです。

魅力的なおでこを手に入れたい人は、一度クリニックに相談してみましょう。


ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+ アラガンキャンペーンアラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP