女性のキレイを応援!美容コラム

目の下のクマができる原因は?種類とそれぞれの改善策も紹介

目の下のクマは、疲れて見えたり具合が悪そうな印象を与えたりします。クマを何とかするために、毎日コンシーラーやファンデーションで隠している人もいるでしょう。目の下のクマを改善するためには、まずはクマの種類や原因を知ることが大切です。

今回は、目の下にできたクマの種類と発生原因、そしてそれぞれの改善策を紹介します。目の下のクマに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

1.目の下のクマの種類|発生の原因とは?

目の下にできるクマは、以下の4種類に分けられます。

  • ①青クマ
  • ②赤クマ
  • ③黒クマ
  • ④茶クマ

まずは、クマの種類を見分ける方法を参考に、自分のクマの種類を確かめましょう。

種類 見分け方
青クマ
  • 目尻を引っ張ると青く見える
  • 目尻を引っ張っても同じ場所にクマが見える
赤クマ
  • 頬骨あたりを下に引っ張ると赤みが増える
  • 目の下の皮膚にたるみやふくらみがある
黒クマ
  • 皮膚を引っ張るとクマが薄くなる
  • 目の下がくぼんでいる
茶クマ
  • 皮膚に色素沈着がある

目の下にクマが発生する原因は、種類ごとに異なります。
クマによる悩みを解決するためにも、クマが発生する原因を理解しておきましょう。

ここからは、それぞれのクマが発生する原因を解説します。

1-1.「青クマ」が発生する原因

青クマは、目元の血行不良によって発生することが原因で発生します。
他にも、パソコン操作による疲れ目や貧血が原因となることもあります。
睡眠不足や疲労などが原因で血流が滞ると、皮膚が薄い目の下が青く見えます。

また、滞った血液が黒ずんで血管が青白く目立ってしまうことも、青クマが発生する原因の一つです。

1-2.「赤クマ」が発生する原因

赤クマは、目の下側の脂肪である「眼窩脂肪」により、目を閉じる筋肉である眼輪筋が圧迫されることが原因で発生します。
筋肉の赤色が透けるため、ふくらんでいる部分は赤く見え、ふくらみの下は影になってクマができます。
ふくらみのある皮膚が伸びてしまうと、老け顔や疲れ顔に見えてしまうことが特徴です。

1-3.「茶クマ」が発生する原因

茶クマは、皮膚の色素沈着が原因で発生します。
色素沈着は、クレンジングや洗顔など、目元をこする摩擦で起こります。

また、アイメイクを落としきれていないことも原因の一つです。
目の周りの皮膚はとても薄く、花粉症や眼疾患でつい目をこすってしまうクセがある人は、茶クマになる可能性が高いと言えるでしょう。

1-4.「黒クマ」が発生する原因

黒クマは、加齢やコラーゲン不足などによる皮膚のたるみが原因で発生します。
目の下の皮膚がたるむと、皮膚には影ができて黒く見えます。前述した、赤クマの影響で黒クマができるケースも少なくありません。

他にも、目元がむくんでふくらみの下に影ができることも、黒クマが発生する原因の一つです。

2.目の下のクマの改善策

目の下のクマは、クマの種類によってケア方法が異なります。
つまり、クマに効果がある方法を手あたり次第試しても、十分な効果は期待できません。
まずは、自分のクマに合った改善策をチェックし、ピンポイントでケアを行うことが大切です。

ここからは、4つのクマの種類別に改善策を紹介します。

2-1.「青クマ」の改善策

青クマの改善には、血行を良くすることが重要です。

デスクワークや同じ姿勢が続く仕事の人は、肩回し運動や伸びを行うなど、血行改善を目指しましょう。
また、体の冷えは血行を悪くします。体温を上げるためにも、適度な運動を続けることがポイントです。

主な対策法

  • 蒸しタオルと冷たいタオルを交互に目にあてる
  • 目の周りを優しくマッサージする
  • 定期的に目を休ませる
  • 入浴して体を温める
  • 運動不足と睡眠不足を解消する

目の周りをマッサージする場合は、目の疲れを改善するツボ「四白(しはく)」を気持ちが良いと感じる強さで、ゆっくりと刺激しましょう

2-2.「赤クマ」の改善策

赤クマの改善には、目の周りのたるみをとることが必要です。

加温と冷温を繰り返したり目の周りをマッサージしたりして、クマの原因となるたるみをすっきりさせましょう。

赤クマの場合、目の下の脂肪が眼輪筋を圧迫すると目の周りの血行が悪くなります。
血行改善には、ビタミンEを豊富に含む食材を食事に取り入れることもおすすめです。

主な対策法

(青クマと同様)

  • ビタミンEが豊富な「アーモンド」や「煎茶」を摂取する

ただし、生まれつき眼窩脂肪が多い人や老化によって赤クマが目立つ人は、生活習慣を見直してもクマが改善されないケースもあります。

2-3.「茶クマ」の改善策

茶クマの改善には、肌のターンオーバーを促進することが重要です。

色素沈着した肌でも、新しい皮膚が作られることで、少しずつクマが改善されます。
ターンオーバーを促すためには、食生活の見直しが必要です。
食事では、ビタミンCやミネラル、タンパク質などを積極的に摂取しましょう。

主な対策法

  • アイメイクはこすらずしっかり落とす
  • 皮膚に刺激を与えないようにする
  • 乾燥を避け、たっぷりと保湿を行う
  • 紫外線対策を行う
  • バランスの取れた食事を意識する
  • 十分な睡眠をとる

しかし、日常生活における疲労やストレスが新陳代謝を悪くすることもあります。十分な休息と気分転換も、忘れず心がけましょう。

2-4.「黒クマ」の改善策

黒クマの改善には、肌にハリを与えることが大切です。

痩せてくぼんだ部分をふっくらさせることで、影がなくなりクマが目立たなくなります。
まずは、不足するコラーゲンや栄養素を補って、肌の調子を整えましょう。

主な対策法

  • 皮膚の乾燥を防ぎ栄養成分を補えるスキンケア化粧品を使う
  • 顔の筋肉を鍛えてたるみを防ぐ
  • 目の周りを優しくマッサージする
  • 目元ケアは皮膚の刺激にならないように優しく行う

顔の筋肉トレーニングでは、とくに眼輪筋と表情筋を鍛えることがおすすめです。
「目をかたく5秒閉じ、ゆっくり大きく見開く」を数回繰り返しましょう。

また、黒クマの発生に赤クマも関係する場合は、赤クマの改善策もあわせて行うことをおすすめします。

3.改善されない場合はクリニックで診てもらうことがおすすめ

「クマの種類に応じた改善策を試しているのに、なかなか改善されない!」
「仕事が忙しくて、自分でマッサージをしている時間がない」

上記の悩みを持つ人の中には、美容皮膚科クリニックに相談する人も少なくありません。

大阪の心斎橋にある「サクラアズクリニック」では、目の下のクマ解消に特化した下記の施術を行っています。

〇プレステージPRP

プレステージPRPは、濃縮された傷を治す成分(血小板)を含むPRP液を、クマや気になる部分に注入する治療法です。
施術後2週間から1カ月ほどで効果が表れ始めます。

※施術後に内出血、赤み・腫れが出る場合があります。

〇ピコトーニング

ピコトーニングは、レーザー照射でシミやクマの原因となるメラニン色素の沈着をケアする施術です。従来のトーニングより、通院回数を少なくできます。

※施術後に赤みや灼熱感、かさぶたが生じる場合があります。

2つの施術に共通する魅力は、「クマを目立たなくする」「クマの改善が期待できる」という点です。メリットや特徴を理解したうえで、施術を検討しましょう。

サクラアズクリニックは、ドクターとスタッフ全員が女性です。女性ならではの視点から、肌の悩みに寄り添ったきめ細やかなカウンセリング・治療を行っています。

「サクラアズクリニック」の強みと特徴は、以下の通りです。

  • カウンセリングを無料で受けられる
  • 施術の押し売りや勧誘をされない
  • ポイントが付く診察券を発行している
  • 学割制度を利用できる

「サクラアズクリニック」なら、クリニックの利用が初めての人でも安心して通えます。
クマはもちろん、肌の悩みやトラブルを抱えている人は、ぜひ気軽に相談してください。

まとめ

目の下のクマは、4種類に分けられます。目の下のクマを改善するコツは、主に「生活習慣の見直しとマッサージ」です。しかし、体質や加齢が原因の場合は、セルフケアだけで改善することは容易ではありません。

なかなかクマが改善されないという場合には、クリニックへの相談がおすすめです。
「サクラアズクリニック」では、クマの改善が期待できる施術を行っています。
自身に合った改善策を見つけ、悩みの種である目の下のクマを解消しましょう。

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+ アラガンキャンペーンアラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP