女性のキレイを応援!美容コラム

今月のおすすめメニュー

京橋 レーザー脱毛 負担

京橋の美容皮膚科では、エステで行う美容脱毛とはまた別の、医療としての脱毛を行うことができます。正しくは、医療用のレーザーを使用した脱毛です。皮膚の下にあるメラニン色素を目安に、レーザーを皮膚の表面に照射して、毛を再生させる働きを担う細胞を破壊する脱毛法のことをレーザー脱毛といいます。強力なレーザーの光を使用しての脱毛は、一見肌への負担が大きいようにも感じますが、実はそうではありません。

毛の元となる細胞に、直接働きかけることができる所が、京橋の美容皮膚科のレーザー脱毛の良い所です。見える毛を排除するだけならカミソリでも毛抜きでも行えますが、毛を再生させる細胞が残っている以上、何度処理しようと意味はありません。毛穴を疲労させ傷つけ、炎症を発生させるだけです。いたずらに肌を傷つけ続けるよりは、強力なレーザーの力で細胞を1度で壊してしまった方が、肌への負担は少なく済みます。

毛の再生能力を奪うほどの力ですから、当然リスクはあります。脱毛時に感じる熱や、痛みもその一環です。レーザーを誤って肌に当ててしまえば、肌にふりかかる負担はとても大きなものになるでしょう。肌の健康のためにも、レーザー脱毛は安全安心の状況の下に行わなければなりません。資格を持った医師や看護師がいる、大阪京橋の美容皮膚科で脱毛を実行するのが一番です。

ピコレーザー フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+アラガンキャンペーンアワード2018 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由

PAGE
TOP