ベビーコラーゲン|世界初、ヒト由来のコラーゲン注入材 ベビーのようなお肌へ導く

取扱院

心斎橋院
京橋院
天神院

ベビーコラーゲンとは

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンとは年齢とともに減少するコラーゲン(Ⅰ型・Ⅲ型)を気になる箇所に注入する治療法です。
製剤自体が柔らかく、皮膚の浅い層にも注入できるため、目の周りや額、細かい小じわなどの治療に適しています。
柔らかく、注入後にも肌にすぐになじんでいくため、注入直後から自然で赤ん坊のような柔らかく潤いのある肌に導きます。

ベビーコラーゲンの特徴

グラフ:加齢によるコラーゲンの減少
グラフ:加齢によるヒアルロン酸の減少
グラフ:加齢による真皮面積あたりの線維芽細胞の減少

コラーゲンはタンパク質の一種で、皮膚、関節、内臓などを構成しており、体のあらゆる場所に存在します。

お肌を構成するコラーゲンはⅠ型コラーゲン、Ⅲ型コラーゲンでありべビーコラーゲンはこの2種類が従来のⅠ型:Ⅲ型【95:5】と大きく異なりⅠ型:Ⅲ型【50:50】という割合で作られた世界で唯一のヒト由来のコラーゲン製剤です。

Ⅰ型コラーゲン

お肌のハリ・弾力性
※一般的に知られているコラーゲンはこのⅠ型

Ⅲ型コラーゲン

Ⅰ型コラーゲンの補助的コラーゲン
年齢とともに減少しやすく、赤ちゃんの肌がみずみずしく、柔軟であるのに対し、大人の肌が固いように思われるのは、このⅢ型コラーゲンの量が減っていることが原因に挙げられます。

ベビーコラーゲンの効果

年齢とともに減少したコラーゲンを補充する治療です。
皮膚の大半はコラーゲンでできており、ヒアルロン酸と比べても柔らかく肌になじみやすいので、従来の注入治療よりも自然にお肌自体が若返るようなイメージです。
これまでも柔らかいヒアルロン酸というものはありましたが、それよりも自然な肌に近い成分でできているため、異物感も殆どなく、目の下などの皮膚の薄い部分や、小じわができる皮膚のごく浅い層に注入するのに適しています。
ヒアルロン酸で肌を持ち上げるだけでなく、皮膚自体を若々しく見せることで従来のアンチエイジングよりもさらに一段上の効果が期待できます。

ベビーコラーゲン 価格
回数 施術費用
1回 98,000円
フォトフェイシャル-M22 ウルトラセルQ+ コラーゲンピーリング 診療の流れ ドクター紹介 サクラアズクリニックの脱毛が選ばれる9の理由