美容皮膚科・美容外科 サクラアズクリニック

ドクター&スタッフ「全員女性」の美容皮膚科・美容外科サクラアズクリニック 初めての方も安心してご相談して頂けます。

無料カウンセリングはコチラ 無料メール相談はコチラ

サーマクール

サーマクールはこのような方に向いています。

  • ・「たるみ」が気になるけど手術はしたくない方
  • ・シワの解消・毛穴の拡大の改善をはかりたい方
  • ・顔がたるんでいて小顔にしたい方
  • ・フェイスラインを整えたい方
サーマクールは誰が施術するかで効果に差が出ます。

メスを使わないたるみ治療の代名詞であるサーマクールですが、現在は多くのクリニック様で導入、施術されています。

サーマクールは外科手術を用いずに行うたるみ治療のため機械の性能も出やすい治療です。そのため、スタッフに任せているといったクリニックもあるようですが、サクラアズクリニックではサーマクール施術はすべて医師が担当し、患者様一人一人の症状に合わせて出力設定を行い、もっとも効果が高く、かつ長期間持続できるようなオーダーメイドサーマクールをご提供させて頂いております。

患者様によってもサーマクールの効果が及ぶ、「脂肪の多さ」「皮膚の厚さ」「たるみの具合」「痛みの感覚」に差がありますので完全に機械に任せて治療をするということは本来はありえません。サクラアズクリニックでは医師が一人一人に合わせて施術することが必要だと考えています。

今までサーマクールで効果を感じなかった、または強い痛みが長期間残ったという方は施術者に原因があったのかもしれません。

サーマクールを受けられる際には、値段を見て、ショット数を確認して、だれ(医師?看護師?)が施術するのかでぜひ比較をしてみてください。

施術者である医師が「サーマクール認定医」
使用するものは「メーカー純正品」
肌の表面に傷を残さず、皮下組織を引き締める

高周波RF(ラジオ波)は、レーザーや赤外線では届かない皮膚の深いところまで届く特徴があります。

サーマクールはこの作用を活かし、皮下組織のコラーゲンや繊維組織を加熱しながら収縮させます。

サーマクールの高周波RF(ラジオ波)の熱作用
サーマクールで3次元から引き締め

サーマクールは、レーザーより奥深くまで作用し、一度の治療で即効性と持続性を持ち合わせた画期的な治療方法です。

「縦方向」「横方向」「奥行き」の3次元からグングン引き締めるため、小顔効果が期待できます。

サーマクールの引き締め効果
サーマクールの冷却保護システム

サーマクールは、レーザーの何十倍もの熱量で、真皮層を一瞬にして引き締めます。照射前後の冷却ガス(-26度Cryogen)によるダブルクーリングシステムを備えているため、強力なエネルギー負荷にも関わらず、表皮にはダメージを残しません。

サーマクールの冷却保護システム

今までは皮膚が薄い目元の治療はできませんでしたが、目もと専用チップが開発されたことによりも目元も治療が可能になりました。たるみやくまの改善だけでなく、まぶたのたるみ、目尻の小ジワを強力に引き締めて改善します。

新開発の目もと専用チップ

お顔同様、即効性・持続性共に高く、痛みもありません。目もと専用のチップを使用しますので、安全に治療をお受けいただけます。

サーマクールEYEの施術風景
  • カウンセリング

    肌の状態を診断します。

  • 施術の準備

    クレンジング・洗顔・金属アクセサリー等の取り外し
    マーキングペーパーにて顔に照射マークをつけます。

  • 照射

    ジェルの塗布・RF波の照射を行います。

  • 照射後

    UVケア・保湿を行います。

  • ・施術中に感じる痛みについては、無理に我慢することは身体のためによくありません。医師がきちんと痛みを確認しながら、照射するRF(ラジオ波)の出力を調整します。ですから、正直に伝えるようにしてください。
  • ・施術を受けた半数近くの人に、施術後、皮膚の赤みが出ます。皮膚の深部に熱エネルギーを作用させるため、皮膚の表面がやけどをして痛むというわけではありません。この赤みは、時間が経過すると消えるもので、多くの人は数時間、長くて1日あれば治まります。
  • ・施術後、しばらくは、強い日差しを避けてください。これはサーマクールを受けたかどうかに関わらず、肌を守るために大切なことです。日焼け止めや帽子などで、紫外線の被害を防ぎましょう。
以下の方は治療ができませんのでご注意ください。
  • ・ペースメーカーや埋め込み式徐細動器を体内に入れている人 (これはサーマクールで使用するRF(ラジオ波)が、ペースメーカーや徐細動器の誤作動を起こしてしまう恐れがあるためです。)
  • ・金属プレートを埋め込んでいる人 (骨折部位などに埋め込んである金属にRFの熱が伝わり、やけどを起こしてしまったり、金属プレートの変形を起こす可能性も否定できないためです。)
  • ・糖尿病など、創傷治癒能力に障害のある人
  • ・治療部位に感染症や皮膚疾患がある人
このページの先頭へ戻る